会社を飛躍させたいなら出版はマストで取り組むべき。

会社の信頼度を上げ、一気に飛躍したいなら、出版は絶対にするべき施策です。

あなたは会社経営をしていてこのような悩みを持ったことはありませんか?

  • 新しいお客さんが見つからない。
  • 商品やサービスのリピート率が低い。
  • 広告コストが年々高くなっている。
  • ネット広告の反応率がどんどん悪くなっている。
  • Googleのコロコロ変わるアルゴリズム変動についていくのが苦痛。
  • 優秀な人材が来ない。
  • 強い商品を確保できない。
  • SNSなど次から次へと出る新しいツール攻略が大変。
  • 営業マンが育たない。人材が育たない。
  • なかなか取材されない。
  • 会社の信頼度が高まらない。ブランド力がない。
  • 新規事業を立ち上げてもうまくいかない。

などなど。

ほとんどの経営者が日々、これらの経営課題について寝る間も惜しんで頭を悩ませていると思います。

もし、これらの経営課題を一気に解決できる施策があるとしたら、驚くでしょうか?

「そんな魔法のような施策はない!」と怒り狂うでしょうか?

でも、もしも、そのような魔法のような施策に「ライバル他社」が気づき、こっそり実践しているとしたらどうでしょうか?

おそらく、気が気じゃないはずです。

実は、これらの経営課題を一気に解決させる魔法のような施策。しかも、はるか古代から実践されている効果実証済みの手法。それが「出版」です。

出版には9つのメリットがあります。

  1. 第一人者として認識されやすい。
  2. 会社や商品・サービスの信頼度が高まる。
  3. 営業の成約率が上がる。
  4. 新たな見込み客をローコストまたはノーコストで獲得できる。
  5. 取材されやすくなる。
  6. 優秀な人材を採用しやすくなる。
  7. 人材育成が可能。
  8. SEO効果が高い。
  9. 新たな取引先を開拓しやすくなる。

などのメリットが得られる可能性があります。

いわゆる「経営課題」のほとんどを解決できてしまいます。集客、新規顧客獲得、採用、人材育成、商品開発、新規事業立ち上げなどなどに頭を悩ませている経営者が多い中、この出版から得られる効果に気づいた賢い経営者は、こっそりと出版施策を導入し、知らず知らずのうちに飛躍させています。しかも、他の会社が各課題に苦しんでいるのを横目に。

もし、経営者として、経営課題を的確に解決したいなら、出版は早々に優先して取り組むべき施策です。

→経営課題の解決に直結する「コーポレート出版」サービスについて。

タイトルとURLをコピーしました